多収米の北陸193号を加工米として契約栽培をしています。

次年度からは原種を栽培し種子用として収穫します。

籾種の確保の入手を大変苦労しましたが、やっと播種の準備が出来る運びになりました

播種をするまでにしなくてはならない作業があります

水に浸けて(積算温度100℃)催芽(鳩胸状態で芽を切らすこと)することです。2013-04-21hokuriku193-1.JPG

水に浸けておいて(積算温度100℃)32℃のお湯に一昼夜浸けると芽を切る

2013-04-21hokuriku193-2.JPG

催芽した籾

2013-04-21hokuriku193-3.JPG

催芽籾を脱水機で水分を飛ばす

2013-04-21hokuriku193-4.JPG

脱水機にかけた状態

2013-04-21hokuriku193-5.JPG

この状態で籾を播種するために乾かす

籾が乾いた状態でないと籾が均等に播種できない

播種は次回に・・・。播種はまだまだ続きます。