今年から加工米(多収米)の原種(種取)を栽培しています。

種取用の稲は異物が混入するのを防ぐために、雑草はもちろん異品種の稲も禁物

ですから草が生えたら手作業で取るより他ありません

多収米品種(北陸193号)の原種の圃場

2013-06-26kakoumai1.JPG

除草剤は一回散布しましたが、その後生えてきました

2013-06-26kakoumai2.JPG

畦畔から雑草が侵入してきています

2013-06-26kakoumai3.JPG

そこで人かい戦術、人の手で取るより他ありません

2013-06-26kakoumai4.JPG

一通り雑草を取って回りました

2013-06-26kakoumai5.JPG

畦から侵入していた草も取り除きました

2013-06-26kakoumai6.JPG

 稲の株間もきれいになりました

2013-06-26kakoumai7.JPG

 この後、出穂する頃に圃場の検査があります

異品種が生えていないかの検査です。なかなか原種は厳しいですね!